矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科とは?
矯正歯科とは?
矯正歯科は、見た目を良くするということも当然ありますが、歯並びの悪さは美容の問題以外にも不正咬合、発音障害、むし歯、歯周病などの原因にもなります。また、義歯を付ける際、歯並びを治さないと義歯を付けられない場合があります。歯には、力を加えるとその方向に移動する性質があります。矯正歯科は、その性質を利用して口の中に様々な矯正装置を入れて歯に一定の力をかけ時間をかけて歯を動かして治療し、健康的で美しい歯並びにします。

矯正装置の種類

  • メタルタイプ

    もっとも一般的な矯正装置で、金属で出来いるので丈夫です。最近では、装置自体が小さいので目立たなくなっています。

  • クリアタイプ

    ワイヤーは金属ですが、ブラケット部が透明で歯になじみ通常のメタルタイプよりも目立ちにくくなっています。ワイヤー部はメタルタイプと同様のため、同じく高い効果が期待できます。

  • 舌側矯正

    歯の裏側に装着することで、人目に触れずに矯正できる装置です。

「不正咬合」 と 「顎関節症」 の関係

「不正咬合」と「顎関節症」の関係

※ 噛み癖がつく前に、左右のバランスを整えましょう!

歯並びが悪いとかみ合わせの不都合が生じます。不正咬合は歯やあごに負担をかけ、顎関節症を引き起こします。顎関節症には、あご周辺の筋肉痛、あご関節の痛みや不快感、口を開けるときにコキッと音がして、耳のあたりまで痛くなる、あごが痛くて口を開けないなどの症状のほか、首や手足にまで痛みをともなうことがあります。顎関節症に見られる現象として筋肉を使う方向に顎が移動しズレが生じます。その分顎関節に負担がかかります。噛み癖が付く前に左右のバランスを整える治療を受けることが望ましいでしょう。

「不正咬合」 と 「顎関節症」 の関係

初期相談(カウンセリング)

お口を拝見し、矯正治療の概略や可能性についてご説明します。納得のいくまで、ご相談ください。

精密検査

より詳しい情報を知るための検査として、 診断に必要な歯の型、顔や口の中の写真、レントゲン写真、その他の診断用資料の検査を行います。

診断

検査結果をもとに治療プランを詳細にお話いたします。患者さんに十分なご説明をさせていただき、患者さんのご希望をお聞きした上で適切な治療方針を決めていきます。診断の結果にご納得頂いた上で受診されるかどうかをご判断いただきます。

歯磨き練習

矯正装置をつけると、歯磨きが難しくなります、そのために口腔衛生について徹底した説明をいたします。(矯正装置装着後も歯磨き指導を定期的に行います。)

装置装着

一般的に初めの数回は装置を取り付けるため、少なくとも60分ほどのお時間をお取りしています。

治療開始

治療の内容によりますが、(症例の内容や個人によって異なりますが、成人の場合1.5~2.5年かかります)その後の調節は、ほとんどが30~50分程度となります。 通常は1か月に1回のペ-スで通院が必要となります。 定期観察の場合は、1~3ヶ月に一回通院していただきます。

保定治療

装置が取れた後の歯は、何もしなければ少しずつ動いてしまいます。動かした歯を支える骨や歯周組織が安定するまで、保定装置を装着します。通院は1~3ヶ月に1回となります。

ページの先頭へ