ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングとは?
ホワイトニングとは?
ホワイトニングとは、健康な歯を削らずに歯を白くする方法です。もともとわずかに黄ばんだ色をしていたり、飲食によって着色、神経をとった後に歯が黒ずんでしまった、など原因は様々ですが、それをより白くする方法です。その方法には、歯科医院のみで行うオフィスホワイトニングと、おもに家庭で道具を使って行う、ホームホワイトニングに分けられます。あきらめていた歯の黄ばみや汚れも、内容に応じた治療法で本来の美しい白い歯を取り戻すことができます。芸能人のような白く美しく輝く歯を手に入れてみませんか?

歯の変色の原因

外側からくる変色
飲食による歯への着色がNo.1です。タバコはもちろん、赤ワインやコーラ、オレンジジュース、人参ジュースなど、色の濃いジュース類も歯に色をつけます。そのほか、カレー、ケチャップ、チョコレートやブドウ、ブルーベリー、プルーンなどの果汁も着色しやすい食品です。また、口紅も注意が必要です。喫煙もそうですが、これらを飲食したからと言って、すぐに歯の色が変わってしまうわけではありません。ただ長く頻繁に口にしているほど、着色は進んでいきます。
内側からくる変色
  • [ 加齢変化 ] ・・・ 生えたての歯の象牙質は淡いクリーム色をしているのですが、肌の老化と同じで新陳代謝により年々この色が濃くなってきてしまいます。またエナメル質も毎日の歯磨きや歯軋り、毎日の食事などで薄くなり内側の象牙質の色が強くなってきてしまいます。この二つの相互作用により歯の色が黄色くなってくるのです。
  • [ 薬剤による変色 ] ・・・ テトラサイクリンという抗生剤によっても象牙質の色が変色します。永久歯の象牙質ができてくる乳児から7歳くらいの間にこの薬を長期間飲むと象牙質に色素 が沈着してしまい歯の色がかなり濃くなったり歯に縞模様ができたりします。
  • [ 神経を取ることによる変色 ] ・・・ 歯の神経をとってしまったり神経が死んでしまったりした場合でも象牙質が茶色に変色してきます。これは歯に栄養が行き渡らなくなったために起こります。

スーパーポリリンホワイトニング

スーパーポリリンホワイトニングシステムとは

ポリリン3Dホワイトニングシステム

スーパーポリリンホワイトニングシステムとは、ポリリン酸という成分を使ったホワイトニングの施術方法です。このポリリン酸は微生物から哺乳類にいたるまで、あらゆる生物の体のなかにもともとある成分のため、その安全性も担保されております。スーパーポリリンホワイトニングシステムとは、このポリリン酸を使って歯の汚れをおとし、コーティング(ステインや歯石の沈着防止)するため、痛みもなく、着色しにくく、透明感が残ります。

施術の流れなどスーパーポリリンホワイトニングについて詳しくはこちらをご覧下さい。

ポリリン酸がステインを落として付きにくくする仕組み

ポリリン酸がステインを落として付きにくくする仕組み

スーパーポリリンホワイトニングシステムのメリット

ポリリン酸は、歯に付着するステイン(歯の黄ばみやくすみの原因物質)を落としやすくして付きにくいという特長があります。 通常、歯のホワイトニングには清掃剤、研磨剤、着色剤、あるいは漂白剤等が使われいずれも歯を傷つけてしまう原因となりますが、ポリリン酸を使ったスーパーポリリンホワイトニングシステムであれば無駄に傷をつけることがなく、輝く白い歯を手に入れる事ができます。

スーパーポリリンホワイトニングシステムの効果
  1. 従来のホワイトニングより数倍白くなる
  2. 色の戻る率が低い
  3. エナメル質の表面を守れる
  4. 着色しにくく、透明感が残る
  5. 痛みがなく、知覚過敏になりにくい
スーパーポリリンホワイトニングシステムのメリット

ページの先頭へ